カテゴリ:lllll積読書店lllll( 4 )

近況とか?

最近寒いですね~…
日差しは出ても、風が冷たいので、秋飛び越えて冬って感じです。
衣替えも終了、寒さ対策を“一応”バッチリしとります。
皆様も、風邪引かないように気をつけてくださいまし!!!!

今日は雨になっちゃいました~。
台風の影響なんでしょうか…出かけようと思って支度したけど…
止めましたポイ(ノ ̄ー ̄)ノ :・’.::・>+○┏┛焼却炉┗┓

そんなわけで、10月始めのブログを更新しとるわけです。
最近の趣味は、図書館通い。
復活しました、図書館通いwwwww
今年は読書の秋かなぁ…食欲も増えてるんだけどwww
今回は手始めに2冊♪上限まで借りても、めんどくさがりなので、ポイする危険がwww
そんなわけで、今回は2冊なのです。
読もう読もう…と思って、後回しにしていたのが「猫の贈り物」ってヤツです。
猫の視点で書かれた、日記形式のおはなし。
まぁ、ただの猫好きだから、というのもあるんだけど、訳者がさぎさわさんなので♪
(これ…原書出てたらいいなぁ…)
ページ開くとたまらんのですよ。
e0028656_1144164.jpg

ちょっと見えにくいけど、2日連続寝てることから始まってるんですよwwwww
もう、すでにたまらんキューーーーン(*´д`*)
まだちゃんと読んでないので、感想は後日します…多分…。

あと、もう1冊はコレね…
e0028656_11472154.jpg

なんか、スンマセン、タイトルがwwwww
某所で突然ゾンビ映画の話始める私ですので、許してくださいwww
この本、昔持ってたんだけど…どこ行ったんだっけ…もう1回読みたくなったわけです。
内容は、怖いくて、なんかゾットする話ばっかですけど…
話の流れがすごいなぁ~と思って。推理小説とかを読むきっかけになった本かも…
(怖い話とか、気持ち悪い話がニガテな人は、遠慮したほうがwww)

とりあえず、今月は10冊くらい目標にしたいと思います♪
…なんて言ってて、読めるだろうかwwwww(´∀`)タハー
[PR]
by aquarian_blue | 2008-10-01 11:58 | lllll積読書店lllll

待ってました。

「もやしもん」第三巻発売しました。
みんなで読みましょう。

…作者でもないのに、こういう書き方って( ゚Д゚)マズーかしら?
ま、いっか。
今回もかなりおもしろいんで、読むべし!です。
乳酸菌万歳。
[PR]
by aquarian_blue | 2006-05-24 21:52 | lllll積読書店lllll

先日、結婚した友人宅に遊びに行ってきました。
彼女は、●年前からの長い付き合いで、
音楽やら洋服やら、何から何まで私にとっての師匠であります。

そこで、でてきたマンガ本。
(マンガだって立派な本です)
「もやしもん」



ソレナニ?Σ(゚д゚lll)



「とりあえず、ヨメ」ってことでしたので、
早速読んだらおもしろいのよ、これが。

でもさぁ、友人よ。
2巻から貸してくれなくたっていいじゃないか(w



まぁ、引越し直後だから仕方ないか。

そんなわけで、1巻は購入しちゃいました。

で、ですね。
ご存知の方には説明不要かとおもうのですが、
主人公の男の子が、「菌」が見えちゃうわけです。
(端折りすぎなのは気のせいです。)

読んだ感想を一言。
「乳酸菌、バンザイ!!!」w

おなかの調子が悪いなと思ったら、とりあえず、乳酸菌を。
おなかがゆるい人でも、乳酸菌はきっとあなたを助けてくれるはず。
(゚Д゚ )ハァ?と思った人は、ヨーグルト片手に、兎に角読んでください。

もやしもん、です。
[PR]
by aquarian_blue | 2006-04-14 02:24 | lllll積読書店lllll

こどもの頃、あんなにキライだった本を、
なんと今はむさぼる様に読んでおります。
とはいえ、偏り気味ではありますが_| ̄|○
バタバタしていて、読む量も減っているのが悲しい・・・

ジャンルは特に問いません。
ミステリー、時代もの、エッセイ、恋愛小説・・・
とにかく、今はこれだー!と思ったものを読む方が多いです。

そういった意味でも、鷺沢萠(さぎさわ めぐむ)さんの作品との出会いは、かなり衝撃的でした。
とある事情で(といえばカッコイイが)
もう半期、大学に通わねばならなくなった時、
すごいタイトルの小説を見つけたのである。
「 F -落第生- 」

( ゚д゚)私か!?

当時、ひょっこりと田舎から都会へ出てきたもんだから、
今に負けないくらい、精神的に参ってた。
なんだか、まわりの雰囲気に圧倒されてた。
今でも連絡を取り合う友達も出来たけれど、
なんだか、いつも自分がダサくて、かっこ悪くて、恥ずかしくてしょうがなかった。
そういうこともあって(といえば、聞こえはいいが)
勉学がおろそかになり、結局、落第。
ふらりと立ち寄った本屋で、その作品と出会ったのだった。

いわゆる、勉学の“落第”ではない。
人生においてのそれにあたる話を収めた、短編集なのである。
読んだ。いっきに読んだ。
あー泣けた。でも、なんだかすっきりした。

それ以来、私は鷺沢さんが大好きになった。
読むたびに、なんだか(私の主観ではあるが)
この人は、女の子の味方なんだと感じる書き方をする。(あくまで、私の主観だ)
もっともっと鷺沢さんの作品を読みたい!
そう、思ったけど、それはもうかなわない。
鷺沢さんは、遠い場所にいってしまった。

私が、本棚にある鷺沢さんの本を読む時は、元気が欲しい時なのだ。とっても落ち込んでるときなのだ。 (これを、いい迷惑というw)
もう新しい作品には出会えないけど、
きっとずっと読み続けていくんだと思う。

皆さんには、元気になれる本ありますか?




※※
鷺沢萠さんの「めぐむ」の漢字は、
本当はくさかんむりに「朋」です。
※※
[PR]
by aquarian_blue | 2005-07-25 22:00 | lllll積読書店lllll